サポート体制

安心のサポート体制で卒業まで一緒に歩んで行きます。 生徒・保護者へのサポート

生徒へのメンタルサポート

photo

生徒は日々、さまざまな悩みや不安を抱いています。そういった生徒一人ひとりに対して、担任だけではなく、すべての教員が悩みの相談にのったり、愚痴を聞いています。また、すべての生徒がスクールカウンセラー(臨床心理士)のカウンセリングを受けています。さらに、WISC-IVなどの心理検査により、教科指導、生活指導にフィードバックしています。

家庭訪問

登校に不安がある生徒には、家庭訪問や家庭学習(e-learning「すらら」)を通して信頼関係を結び、同伴登校、学園内での個別指導へと移行していきます。 また、担任が家庭訪問を行い、生徒・保護者へのメンタルケアも行います。

施設環境

3学年全体が、休み時間やお昼休みに使うフリースペースがあります。中等部・高等部とも自然な形で異学年交流が行えるようになっています。 また、おうちのような校舎なので、学校のような大きな建物に不安やプレッシャーを感じることもありません。

保護者のサポート

photo

保護者もスクールカウンセラーへの相談やカウンセリングを受けることができます。またNPO「ペアレントサロン」を実施し、同じ立場で悩んでいる親、教育の専門家とともに情報交換し、学び合う場を設けています。
毎月第一日曜日(13:00〜15:00)
遅れての参加、途中退出など出入り自由ですので、お気軽にご参加ください。

服装・校則

制服photo

校則=社会のルールがURAZONOです。普段の生活や、SSTの授業の中で、礼儀作法・言動・行動など社会性を身につけるための指導をします。制服着用は自由です。服装やファッションに関する制限はありません。制服を希望する生徒には、制服もあります。進学やアルバイトに合わせ、社会人になるためのアドバイスをしています。
photo

進学サポート
小論文と面接指導 photo

小論文の指導は、国語の授業をはじめ、専門講師により1年次より指導しています。面接指導については、専門講師による指導を3年次に集中して実施しています。もちろん、日常の学園生活においても、実社会で通用する礼儀作法やマナーを学びます。アルバイトを希望する生徒には、学年にかかわらず面接の練習を実施しています。また、秘書検定に挑戦する生徒は、資格取得としても取り組むことができます。 (AO入試や指定校推薦などの特別入学制度には、必ずといってよいほど小論文と面接試験が課せられています。)

進路ガイダンス・セミナー/学校見学・進路イベント photo

大学・短大・専門学校の先生方をお招きしての進路ガイダンスや学校見学などを年に10回程度、定期的に実施しています。入学直後の1年次より、次の進路を意識しながら高校生活を送ることにより、職業観の育成や精神的な成長、社会性の向上がはかられます。また、保護者の皆様に向けての進路ガイダンスや進路相談も(年に3回程度)定期的に実施しています。

専門家=プロフェッショナルによる特別講演会 photo

『その道の事はその道の人に聞こう!』これがURAZONO開校以来の方針です。これまでも、世界的ソロ和太鼓奏者の林田ひろゆき様や埼玉在住のレーシングドライバー古谷直広様をはじめとする、その道のプロフェッショナルの皆様から直接話を伺い、その仕事の辛さややりがいを体感しています。

就労体験・職場見学・アルバイト photo

高校生活同様、大学や専門学校への進学も人生の一通過点に過ぎません。浦和高等学園では、常に社会的な自立を見据えての高校生活に取り組んでいます。夢や目標を実現するために、なりたい仕事・関心のある仕事の就労体験や職場見学を随時実施していきます。また、職業観の育成や経済観念の発達を促すアルバイトもサポートしています。


電話による申込み・問合せ
048-813-5803
8:00〜19:00(日・祝除く)
サイトからの申込み・問合せ
今すぐ申し込む 24時間受付
学校説明会 - 学園見学・体験入学も実施しています。詳しくはこちらから 資料請求 - 詳しい資料のご請求はこちらから ウラゾノ中等部特設サイト クリック!自立学習応援プログラム すらら

このページのトップへ