教育の特徴

自ら感じ考え、責任の持てる人材教育 社会的自立を促す4つの特徴

通信制高校から渡されるレポートの答え合わせだけの授業では、学力は身につきません。

  • 一人ひとりの学力と進路希望に合った個別教科学習ファイルにそって、勉強は進められますから安心です。
  • すべての生徒が個別学習指導(小中学校の復習、授業の補講、受験指導など)を受けています!

週に2,3日、1日に2,3時間程度の高校生活では学力やコミュニケーションは身につきません。

  • 学年の枠を超えて実施される特別活動やサークルやゼミなどの部活動を通して、協調性や忍耐力、自主性や積極性を身につけていきます。
  • 星槎教育研究所のテキストにそって、SSE(特別支援)担当教員が、ロールプレイなどの手法を用いながら、優しく楽しくソーシャルスキルを学んでいます。

『相談したいのに生徒がいっぱいで相談もできない』では意味がありません。

  • 担任が受け持つ生徒が15名以内ですから、生徒自身の悩みの相談や保護者の皆さまとの面談、電話やメールによる連絡、家庭訪問をタイムリーに実施しています。
  • すべての生徒がスクールカウンセラー(臨床心理士)のカウンセリングを受けています。また、すべての生徒がWISC-IVなどの心理検査も受けています。

『人数が多すぎて友達がない…』 では、意味がありません。

  • 3学年全体が自然な形で異学年交流を行っており、友達関係や良好な先輩後輩関係を学んでいます。
  • また先生や先輩が優しく、いつもそばにいますから仲間はずれやイジメがありません。
その他の特徴

進路指導とキャリア教育

  • メールや電話での情報交換に加え、定期的に実施される二者(三者)面談、毎月実施される保護者会や懇話会などで、進路相談を実施します。
  • 大学受験コースや各専門分野への進学コースなど、将来の進路を見据えたコースと部活サークル活動によるキャリア教育も充実しています。
  • 業界を代表する進路支援情報センターによる進路ガイダンスを1年生入学時から定期的に実施していますので安心です。
  • 月に2回平均で実施される特別活動、総合学習の授業をとおして、職業感の育成や将来の目標や夢を醸成していきます。

資格取得を全力でサポート

浦和高等学園では、高等学校教員免許
状を持った教員が、実際に資格や検定
の授業を担当
しています。

登校に不安がある生徒には、家庭訪問や家庭学習を通して信頼関係を結び、同伴登校、学園内での個別指導へと移行していきます。 また、担任や臨床心理士が家庭訪問を行い、生徒・保護者へのメンタルケアも行います。

電話による申込み・問合せ
048-813-5803
8:00〜19:00(日・祝除く)
サイトからの申込み・問合せ
今すぐ申し込む 24時間受付
学校説明会 - 学園見学・体験入学も実施しています。詳しくはこちらから 資料請求 - 詳しい資料のご請求はこちらから ウラゾノ中等部特設サイト クリック!自立学習応援プログラム すらら

このページのトップへ